TVアニメ

第735話

前代未聞 大将藤虎衝撃の決断!

放送日
2016/04/03
脚本
中山 智博
演出
藤田 健太郎
作画
横山 健次
美術
吉池 隆司

ルフィの勝利によりドフラミンゴファミリーは壊滅、鳥カゴは消え、ドレスローザ滅亡の危機は回避された。10年間騙され、記憶を奪われた人々は家族や恋人と再会、喜びの声を上げる。一方、ルフィの勝利を見届け、バージェスにとどめを刺さず立ち去ろうとしたサボだったが、エースの最期の言葉を引き合いに、愚弄しようとするバージェスが許せず、顔面を押さえつけ力づくで黙らせた。苦痛の声を上げながら、能力者狩りの面目にかけてサボの命を狙っていたバージェスは、背後に隠し持っていたナイフでサボに襲い掛かる。

story_img_1

バージェスのナイフをかわし、火拳を叩き込んだサボ。炎に焼かれるバージェスに向かって、記憶を取り戻して以来、エースを救えなかったことを悔やみ続けていると吐き捨てた。ようやくサボと連絡がついたと安心するコアラだが、要件を確認した途端、また連絡がつかなくなってしまう。海軍に捕獲されたドフラミンゴたちが連行されるのを複雑な気持ちで見つめるベビー5。だが、サイからここにいろと告げられ上機嫌になる。一方、メイナードに二匹の電伝虫を用意させた藤虎は、何かを決意した表情である場所へと向かった。

story_img_2

瓦礫の中に立ち、意を決して中継を開始したメイナード。その様子は隣国アップルナイン島をはじめとする3島へ届いていた。その様子を見た人々は、見る影もなく荒れ果てたドレスローザに衝撃を受ける。そしてメイナードは、ドフラミンゴが起こした事件について語りはじめた。一方、リク王のもとには、国王に戻ってほしいと懇願する人々が詰めかけていた。それを辞退するリク王だったが、すでにエリザベローが手を回し、近隣諸国にはリク王復活が伝わっているというのだ。そのため、王宮の電伝虫が鳴りやまないという。

story_img_3

困惑するリク王のもとに現れた藤虎は、事件の責任をすべてリク王が一人で背負うことになっては困ると異議を唱えた。海賊であるドフラミンゴを王下七武海の一員と認め、ドレスローザの王として君臨させた責任は世界政府にあると発言すると、ドレスローザ王家と国民たちに対して土下座して心から詫び、深々と頭を下げた。同行していた海兵たちも、その藤虎の行動にならった。あまりのおどろくべき光景に、誰もが声を失い釘付けとなった。前代未聞ともいえる海軍大将の土下座、ドレスローザで何が起きたのか?隠されていた大事件は瞬く間に世界へと伝わるのだった。

story_img_4