ONE PIECE.com

ONE PIECE.com

OFFICIAL SNS

ニュース

宇田鋼之介総監督&えんどうてつや監督に『ワンピース エピソードオブ 空島』制作へのこだわりをお聞きしました!!

2018/08/25

その他
ce80968e36a060e4bad32df0a1dd48f1

★今回のポイント
・2018年夏のTVスペシャル『ワンピース エピソードオブ 空島』の見どころを
宇田鋼之介総監督&えんどうてつや監督にインタビュー!

いよいよ8月25日(土)21時からフジテレビ系列土曜プレミアムにて放送される『ワンピース エピソードオブ 空島』。その見どころと制作時のエピソードを、宇田鋼之介総監督&えんどうてつや監督のお二人に伺いました。
放送前に見ておけば、より楽しく本編が見られることマチガイなしです!

――コミックス約10巻分にわたる壮大なエピソードですが、2時間にまとめるためにどのような工夫をされましたか?

(えんどう監督)
ただのダイジェストにしないようにしつつ、ルフィたちの名場面を活かす事を第一に考えました。今回のテーマを「ルフィがモンブラン・クリケットのために鐘を鳴らす」という事にしぼったので、それ以外の出来事はカットしました。なるべく分かりやすくするために場所を変えたり人物を減らしたり、複数のシーンを合体させたりしています。

――アニメーションの演出や絵作りの観点から注目のポイント、シーンがあれば教えてください。

(えんどう監督)
派手なシーンを沢山作ってあります。開始早々のガレオン船から始まってバケモノ海流や空の海からの脱出、神官たちやエネルとの戦いに加え、エネルの必殺技とも言うべき『雷迎』の表現をブラッシュアップしてかなりの存在感にしました。作画、美術、色彩、撮影、音響の技術が見事に結集した感じになっています。楽しんでいただけると思っています。
また、回想シーンの部分だけはTVシリーズのものを使用しているのですが、当時の声優さんたちが見事に再現してくれて驚いています。声は全て新規に録音しました。ガン・フォールは今回、四代目市川猿之助さんが演じてくれています。流石というか、見事に役になりきっていて驚きました。是非お楽しみに!

――他の『エピソードオブ』シリーズと比較したとき、「空島編」ならではの面白さや制作の難しさなどはありますか?

(えんどう監督)
他の『エピソードオブ〜』をやっていないので単純に比較はできませんが、現在の2年後のルフィたちがなかなかしない、初々しいリアクションが楽しいのではないでしょうか?
冒険感が楽しめる内容になっていると思います。制作しているスタッフやキャストにもTVシリーズ放送当時はまだ小学生だった人たちもいるので、「そうそう、こんなんだったねー」などと楽しみながら作っていました。
制作上難しかったのは、やはりその長さですね。『ワンピース』という世界とストーリーを構成している大事な要素があちこちにちりばめられているので、本当は全部余す事無く取り入れたいのですが、今回の100分枠には入りきれないので泣く泣く落とさざるを得なかったというところです。今回の『エピソードオブ 空島』を観た後にTVシリーズや原作をもう一度見返していただけると、僕たちの苦労が理解できるというか、楽しめるかと思います。「ああ、ココはこうしたんだ」みたいなことだらけなので(笑)

――宇田総監督がTVシリーズを担当していた当時、空島編を制作していた頃の思い出話があれば教えてください。また、今回の『エピソードオブ』制作にあたり、ブラッシュアップした点や、進化させた点があれば教えてください。

(宇田総監督)
当時は『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の制作に入っていた頃で、TVシリーズの空島編には途中からの参加でした。シナリオは全部チェックしていましたけどね。
アラバスタに続き三つ巴の戦いなので大変だった記憶が強いです。
さらにカルガラとノーランドの物語もあり、構成が複雑でした。原作が空島編を連載している中でアニメも空島編に突入したので「もう原作どおりにやるしかない!」って(笑)。
なので、実はカルガラの像などは途中で微妙に形が変わっています。空島の構造もよくわからなくて尾田先生にメモを書いてもらいました。
今回の夏スペシャルでは、ノックアップストリームのシーンは演出の角銅さんがCGを使って表現してくれました。
TVシリーズよりもさらに迫力の増したシーンになってます。

――空島編に登場するキャラクターで、好きなキャラクターは誰ですか? 理由と合わせて教えてください。

(えんどう監督)
やはりルフィが好きなんですが、今回はルフィと同じくらい活躍しているナミという事にしておきます。ラストのナミとルフィの表情と台詞がとてもいい感じになったなと思っています。

(宇田総監督)
今回はほとんど出番がなかったのですが、アイサがお気に入りのキャラでした。さり気なく心網(マントラ)も使えていて、将来はどういう娘になるのかなと。

――今回の夏スペシャルの注目ポイント、見どころを教えてください。

(えんどう監督)
キャラクターデザインを『エピソードオブ 東の海』に引き続き、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』などでおなじみの佐藤雅将さんが担当しています。総作画監督はTVシリーズでも活躍している五十内裕輔さんです。
美術監督は毎年『エピソードオブ』シリーズを担当されている渡辺佳人さんです。
かっこいいキャラクターと美麗な美術で展開する、新しい空島をどうぞお楽しみに!

(宇田総監督)
時間内に収めるためにエピソードを随分割愛しなければならなかったのですが、その分ストーリーはわかりやすくなってると思います。
テンポよく進むので、ラストまであっという間に行くでしょう。
また今回もゲストとして四代目市川猿之助さんに出ていただきました。前回の経験があったからか、実にスムーズにアフレコをこなされてました。コーメイ(『ワンピース』~アドベンチャー オブ ネブランディア~』に登場したキャラクター。CVは四代目市川猿之助さん。)とは違う役作りをしっかり楽しんで下さい。

――これから今回の夏スペシャルを見る視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

(えんどう監督)
スタッフ、キャスト一同頑張って制作しました!楽しめる作品になっていると思います。
是非ルフィたちと一緒に空島の冒険を楽しんで下さい!
エンディングはスペシャルバージョンですが、さらにスペシャルキャラが登場します。
お楽しみに!

(宇田総監督)
TVシリーズの空島から15年経ちました。当時関わっていたスタッフも殆ど『ワンピース』を離れてしまっていて、だから自分が総監督になったわけですが、割と新鮮な思いで関わることができました。
視聴者の皆さんはもっとでしょう。初めてこのエピソードを見る方もいることでしょう。
『ワンピース』の中でも冒険の香りの強さでは一二を争うエピソードです。楽しいですよ。

えんどう監督、宇田総監督ありがとうございました!
『ワンピース エピソードオブ 空島』は8月25日(土)21時~フジテレビ系にて放送!
このインタビューを読んでから見たらきっと楽しさが倍増するはずです!

土曜プレミアム『ワンピース エピソードオブ 空島』

放送日時: 2018年8月25日(土)21:00~23:10
放送局: フジテレビ系列
キャスト: モンキー・D・ルフィ:田中真弓
ロロノア・ゾロ:中井和哉
ウソップ:山口勝平
ナミ:岡村明美
サンジ:平田広明
トニートニー・チョッパー:大谷育江
ニコ・ロビン:山口由里子
ガン・フォール:市川猿之助
ほか
原作: 尾田栄一郎
週刊「少年ジャンプ」(集英社)連載中
脚本: 中山智博
企画: 狩野雄太(フジテレビジョン)
櫻田博之(東映アニメーション)
総監督: 宇田鋼之介(TVシリーズディレクター、「アドベンチャー オブ ネブランディア」監督、「エピソードオブ東の海」絵コンテ)
監督: えんどうてつや
キャラクターデザイン: 佐藤雅将
総作画監督: 五十内裕輔
美術監督: 渡辺佳人
制作: フジテレビ・東映アニメーション

(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション