ウソップの、これはホントだ!


        

「スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」を見に来たぞ!」の巻

2015/11/11

勝平:今日の「ウソップの、これはホントだ!」は、スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」を見に、新橋演舞場に来たぞ! わし自身初歌舞伎で、しかも漫画原作なので、どんな展開になるかまったく想像できないから、とても楽しみ!! 4時間を超える舞台らしいけど、しっかり観て、その面白さをみんなにお伝えしたいと思います! 

ではでは、レッツゴー!!

新橋演舞場に入ると、1Fロビーに『ONE PIECE』のお宝袋が目立っています! これは、色々なグッズがセットになったものなんだけど、新橋演舞場限定です! 全部持って帰りたいぜ(笑)

2Fには、歌舞伎姿のルフィフィギュアの原型が展示されています。ヨォ~~~!!

そして、尾田先生が描いた歌舞伎イラストを用いたグッズもズラリ! グッズの詳細は特別版で紹介するので、ひとまず席に行きたいと思います!

舞台の真ん中にルフィの等身大フィギュアが! 胸に傷があるからおそらく頂上戦争から2年後の出航の時なのかな。これからの冒険に期待がいっぱいって顔をしていますね。わしもこれから観るルフィの冒険のことを思うと、とてもワクワクしています♪

観劇中の写真はNGなので、カメラはここまで。終演後に、わしの感想を交えて色々語りたいと思います。…と、その前に、パンフレットを読んで、万全を期して臨みたいと思います★

(閉幕後)

――初歌舞伎のご感想を教えて下さい。
勝平:超絶・面白かったです!!!!
本当に、楽しくて涙が出たのは久しぶりです。
麦わらの一味のみんなで一緒に観たんですけど、みんなも感想が「面白い!」しか言えなくて…(笑)それくらい楽しかったです!
わしらも声優として『ONE PIECE』という作品に関わっているけれど、それと関係なく、純粋に一ファンとして舞台を楽しめました。
あと、歌舞伎ではないけど久しぶりに麦わらの一味が揃ったのもうれしかったですね。

――勝平さんが印象に残ったシーン、もしくは好きなシーンを教えて下さい。
勝平:どの場面も見せ方のインパクトがすごくて、全部印象的だったんですけど、わしはインペルダウンのニューカマーランドが一番でしたね!

漫画でも、アニメでも、表現しきれなかった部分を完全に再現したと感じました。
これを見て、尾田先生が描きたかったのはこういうイメージだったんだと気付きました。
あの瞬間、自分が今何を見たのか忘れたくらい衝撃的でした(笑)。
シーンじゃないけど、舞台装置とか、舞台の見せ方とかは気になりましたね。舞台をやる人間としてとても勉強になりました。例えば、赤い幕を垂らして、裏側から手で摘んで波を作り、それで炎を表現するんですよ。細やかだけどすごく迫力がありました。
そういう表現の仕方を見ると「なるほどなー」と思います。
あと、滝のように水を流す舞台装置にも驚きました!

あそこで大活躍したイナズマ…ビックリするくらいかっこよかったです(笑)。
イナズマとルフィのアクションシーンも必見です。歌舞伎特有の、洗練された動きなのですごく魅力的です。

――歌舞伎版のウソップはいかがでしたか?
勝平:ウソップ可愛かったです!!
原作よりもかなり弱腰なウソップですが、臆病すぎて逆に可愛いです(笑)。
セリフがない時も動きや表情で存在感を出していて、そこら辺も原作らしいですね。
物語のメインは頂上戦争なので、ルフィ以外の麦わらの一味の出番は少なかったけど、最初と最後の9人が勢ぞろいしたシーンで、勝手に誇らしい気持ちになりました。「あぁわし、この『ONE PIECE』というすごい作品に出させてもらってるんだなぁ」と再認識しました。

――ほかに気になったキャラ、もしくはキャストはいますか?
勝平:もちろん、ルフィとハンコック、シャンクスを演じる市川猿之助さんです!早変わりと演じ分けに圧倒されました。あと、坂東巳之助さんもすごかったですね。ゾロとボン・クレーとスクアードの3役なんですけど、どれも完成度が高くて、多分すごく研究してくださったんだろうなぁ。
ゾロの時は歌舞伎風のセリフ回しにしっかり中井くんテイストが入っていて、「鬼斬り!」の言い方とかもすごく似ていましたよ。そしてボンちゃんは、最初は「矢尾さんが声を当てているんだっけ!?」と思ったくらい激似! まるでアニメのボンちゃんそのものって感じでした。さらにキレのいいお芝居で笑わせてもらいました(笑)。
あと、白ヒゲもとても印象的でしたね。白ひげってものすごい巨体じゃないですか。
人間の身一つで果たしてその巨体を表現できるのかと思いましたが、市川右近さんの圧倒的な存在感でまったく違和感がなかったですね。
まさに歌舞伎役者さんのオーラといいますか、所作の一つひとつがとてもかっこよかったです。もしドレスローザ編が歌舞伎になることがあったら、ぜひ右近さんに藤虎をやってほしいなと思っています。

――これから観る人たちへのアドバイスがあれば教えてください。
勝平:休憩をしっかり取ること! 休憩時間が2回あるんですけど、ちゃんと休まないと4時間以上集中するというのは難しいと思います。集中できなくなって何かを見逃すともったいないから!
見所がこれでもかというくらいたくさんありますからね。
例えば、何役もこなす役者さんの早変わりは何度観てもすごいと思いますし、豪華絢爛な衣裳も注目して欲しいです。特にハンコック! ルフィへの恋心が大きくなるにつれて衣装も綺麗になっていきます。紅白歌合戦を彷彿とさせるような派手さでした。あとは客席を使って縦横無尽にキャストさんが走り回り演出は必見です。すごく『ONE PIECE』らしいです。
本当に、驚いて、笑って、泣いて、息つく暇もない4時間半でした!

もし機会があれば2回、3回と何度も見てみたいですね。今回は1階席だったけど、2階や3階で観るとまた違った発見ができるかもしれません。
これから観劇する人には、お芝居だけじゃなくて、幕間に思い思いにお弁当を食べたり、お土産を買ったりして、日本の粋な伝統芸能を満喫してほしいな。わしも日本人としてワンランク成長したような気になりました(笑)。

皆さんもぜひ観に来てくださいね☆

ONE PIECE.com特別版!!

ワンピースオフィシャルメールマガジン『グランドライン通信』では、勝平さんにスーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」の感想や見所について語っていただきました。
特別版では、スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」のオリジナルグッズの一部をご紹介します☆

勝平:先日の初歌舞伎観劇の興奮が冷めやらぬまま、本日はオリジナルグッズを紹介したいと思います! グッズの一部と聞いてましたが、こんなにあるんですね! 
…あっ歌舞伎揚げだ。

歌舞伎を観に行って、休憩時間に歌舞伎揚げを食べるのって、なんか通っぽくてときめきません?(笑) ほかにもカステラ焼きとバウムクーヘンなどもありましたよ。歌舞伎を観て疲れたらこれで糖分をとってね。

こちらは手ぬぐいですね。尾田先生が描いた歌舞伎イラストが和風のグッズによく合いますよね。わしのオススメの扇子もかわいいですよ。

歌舞伎の会場は、わしには少し暑かったので、扇子があればばっちり♪

あと、ルフィの眼力100%のアイマスクやキーホルダー、生ブロマイドなどもありますね。
おみやげにも、記念品にも最適です。

ほかにも、湯のみやTシャツ、受注生産の複製原画などもあります。
どれにするか迷っちゃうよ! 

そんな時は、新橋演舞場限定のお宝袋がオススメです! 松・竹・梅とランクがあって、自分の好みや財布と相談しながら記念に買ってはどうでしょうか。

さらに、全国のONE PIECE麦わらストアでしか販売していないトートバッグも見逃し厳禁!

それぞれ渋谷、東京ワンピースタワー、名古屋、福岡、大阪の店舗限定商品です。
わしはすでに買っているぞ! ドヤッ☆
この他にJUMP SHOP限定バージョンもあるとのこと!せひチェックしてくれ~!

これを持ってスーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」を見に行けば、あなたも“『ONE PIECE』通”だぞ!

勝平さんありがとうございました!
スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」は新橋演舞場で11月25日まで上演中です!
2016年大阪及び福岡での上演も決定!! 詳しくは続報をお待ち下さい。

山口勝平さんに応援メッセージを送ろう!みんなからの激励や要望を大募集!!

応援メッセージを送る