ONE PIECE.com

ONE PIECE.com

OFFICIAL SNS

ニュース

〝ブリュレ〟に注目!?9月1日(木)に開催された『ONE PIECE FILM RED』大ヒット記念舞台挨拶レポート!!

2022/09/13

劇場版

映画の記録的大ヒットを記念し、豪華ゲストが登壇!

db6fb881ed54979171d037c1a65cfde9

9月1日(木)付けで興行収入120億円突破、そして本日9月13日(火)に観客動員数観客動員数1000万人突破が発表された『ONE PIECE FILM RED』!! 異次元の大ヒットを記念して9月1日(木)に丸の内TOEI①にて開催された舞台挨拶にはルフィ役・田中真弓さん、ウタ役・名塚佳織さん、谷口悟朗監督が登壇。公開後から周囲の反響も大きかったという3人は、実際に劇場で映画を観時の感想や、8月に放送されたTVアニメ映画連動エピソードなどについてお話されました。さらに映画に登場するシャーロット・ブリュレがフォーカスされることに!?

周囲からの反響にオドロキ! 3人が劇場で映画を観た時は…?

アフレコ現場などでたびたびお祝いの言葉をもらうようになったと話す田中さんと名塚さん。谷口監督も打ち合わせなどで映画について聞かれることが増え、業界内でも映画を観ている方が多いと感じたとのこと。

映画が公開してからなかなか劇場へ行くことが叶わなかった田中さん。先日ついに劇場で映画を観ることができ、「公開から日が経っていたのでそんなにお客様はいらっしゃらないかな、と思っていたら満席でした! こんなにお客様が来てくださっているとわかり、とても嬉しかったです」と喜びを語っていました。
そして名塚さんはIMAXと4D上映については「動きがすごくて、びっくりしました! 後半のバトルシーンも臨場感がありましたし、アトラクションのようで楽しかったです」とコメント。
谷口監督は劇場でお客さん、とくにお子さん達の反応を見ていたそうで、「こちらが笑ってほしいシーンで子どもたちが笑ってくれていたのは嬉しかったです。コミカルなシーンはお客さんに肩を抜いてほしいという目的もあって、狙いどおりの反応を見ることができて良かったです」と想いを明かしました。

ルフィ、ウタ、シャンクス達の出会いが描かれたTVアニメ映画連動エピソードについて

8月に放送されたTVアニメの映画連動エピソードについても話題に触れていました。
映画連動エピソードは、10数年前のフーシャ村を舞台にした過去編。シャンクス率いる赤髪海賊団が村を訪れ、当時子供だったルフィとウタ、シャンクス達との交流が描かれています。はじめはケンカばかりだったルフィとウタがやがて仲を深め、お互いの夢を語り合う様子などが描かれ、放送時はSNSで話題となりました。

田中さんは「映画のアフレコ時点では、ルフィとウタの関係性にわからない部分もあったんですが、あの連動エピソードを踏まえて2人の関係性や過去を知ることができましたし、映画に繋がっていく物語なので皆様にもぜひ観ていただきたいです」とコメント。そして名塚さんは「冒頭からグッとくるシーンもあり、映画鑑賞後に観るのはもちろん、先に観てから映画鑑賞しても楽しめると思います」と話していました。


★映画連動エピソードは現在ONE PIECE公式YouTubeで配信中!
第1029話「淡い記憶 ルフィと赤髪の娘ウタ」
第1030話「新時代の誓い!ルフィとウタ」
特別総集編「伝説の記録! 赤髪のシャンクス!」
⇒閲覧はこちらから!

ウタの歌唱担当・Adoさんからもスペシャルメッセージ到着!

今回の舞台挨拶では大ヒットを受けて、Adoさんからのボイスメッセージが公開されました。「観に来てくださった皆様、本当に、本当に、本当にありがとうございます! 私自身もルフィ、ウタ、シャンクス達、そして作品自体から多くの気持ちを受け取りました。この作品に関わることができて幸せです。皆様の心の中でウタ、そしてウタの歌は響き続けます。映画から受け取っていただいた温かい気持ちをぜひ大切に持ち続けてくださると嬉しいです」とAdoさんの音声が流れると、会場からは温かい拍手が。

Adoさんのメッセージを受け、名塚さんは「素敵な楽曲、Adoさんの歌からたくさんウタの要素をいただいて収録に臨みました。一緒にウタというキャラクターを作りあげていくことができて、あらためて嬉しいです」と喜びを語っていました。

3人が選ぶ、映画の注目ポイントとは…!?

リピーターも続出している『ONE PIECE FILM RED』! 心躍るウタのLIVE、ルフィ達の壮絶なバトルアクション、そして感動的なシーンなど、すでに映画の数々のシーン、展開、登場キャラクターなどが話題となっていますが、映画をもう一度観ようと思っている方に向けて、劇中で注目してほしいポイントを3人へお伺いしました。

谷口監督が見どころとして挙げたのが映画の後半、ウタが〝悪い人の印〟としてルフィ達の衣裳を変えてしまうシーンでのコビーについて。「コビーからすると〝悪い人の印〟をつけたまま戦うのは海軍であることの誇りを持つ彼の信念に反するものがあったのでしょう。その衣裳を脱ぐタイミングがどこかよく見ていただきたい」と話しました。
さらにもう一つの見どころは映画のヒロイン達。今回の映画には「四大ヒロイン」がいるとのことで、それがナミ、ロビン、ウタ、そしてブリュレの4人。「このヒロイン達の髪の毛にブレンド処理というグラデーションをかけて美しく見える処理を施しています。今回の映画で四大ヒロインの1人となったブリュレさんの髪の毛がどんなふうに描かれているか見ていただけると楽しいかもしれません」とコアな注目ポイントを教えてくれました。

続いて名塚さんは個人的にもう一度聞きたいという、ルフィの『当たり前だろ』の台詞をピックアップ。「とくに連動エピソードを観たあとだと、よりウタとルフィの繋がりや劇中のゴードンの気持ちもわかるので」と話していました。

そして田中さんの注目ポイントは、先ほども話題に挙がっていたブリュレ! 「先日劇場で観た際も本当にブリュレが可愛くて! 抱きしめたいほどですね」とブリュレ愛を明かすと、そこからさらにブリュレについて話が発展。谷口監督は「ついつい動かしたくなる面白いキャラクターでした。今回、ブリュレさんがサンジに助けられるシーンがあるのですが、そこでヒロイン度があがったと思います。もちろんサンジがレディを助けることは当たり前なのですが…不思議なキャラクターですね」とコメントしていました。ぜひ映画を観る際は、ブリュレが活躍するシーンもお見逃しなく!


話題は尽きませんが、残念ながら終演の時間に。
谷口監督は「この大ヒットは応援してくださった皆様のおかげです。初めて観た方、『ONE PIECE』を久しぶりに観る方でも楽しめる内容になっておりますので、ぜひ映画をきっかけに漫画やアニメをまた見てほしいです」と挨拶。
名塚さんは「映画やウタの感想をSNSで拝見する機会も多く、大変ありがたいです。この輪がもっと世界中に広がって、いろんな方とこの作品を共有し楽しめたら嬉しいです」と今後へのさらなる期待を込めてコメントしていました。
そして田中さんからは「皆様のおかげで本当にすごいことになってきました」と御礼を述べ、「今年の映画王におれたちはなる!!!!」と力強いメッセージで締めくくりました。

入場者プレゼント配布、無発声応援上映、#FILMRED文化祭… まだまだ盛り上がる『ONE PIECE FILM RED』!!

①第4弾入場者プレゼントの配布が、今週9月17日(土)よりスタート!
第1弾の『ONE PIECE』コミックス-巻四十億〝 RED〟-を新カバーにリニューアルし、全国合計200万部限定でアンコール配布されます! ぜひ劇場にお越しください!
さらに追加入場者プレゼント第5弾~第7弾も今後展開予定なのでお見逃しなく。
⇒詳細はこちら!

②「ウタLIVE in 映画館《無発声応援上映》」の拡大実施が決定!
麦わらの一味とともにウタのライブ会場にいるような一体感をお客様に楽しんでいただけるよう、サイリウム・ハンドクラップ・振付OKの無発声応援上映が全国の指定劇場で実施中です。ぜひこちらもお楽しみください!
⇒詳細はこちら!

③SNSで#FILMRED学園祭 開催中!
応援してくださるファンの皆様に感謝を込めて、超豪華賞品ももらえる「#FILMRED学園祭」キャンペーンが現在開催中です! 対象SNSでお題に合った“自由”で“楽しい” 映画に関する投稿を募集しています。ぜひ、みなさまご参加ください!
⇒詳細はこちら!

『ONE PIECE FILM RED』

公開日: 2022年8月6日(土)
スタッフ: 原作・総合プロデューサー:尾田栄一郎(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:谷口悟朗 脚本:黒岩勉 音楽:中田ヤスタカ キャラクターデザイン・総作画監督:佐藤雅将 美術監督・美術設定:加藤浩
色彩設計:横山さよ子 CGディレクター:川崎健太郎 撮影監督:江間常高 製作担当:吉田智哉
キャスト: 田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 チョー 宝亀克寿
名塚佳織 Ado 津田健次郎 池田秀一
山田裕貴 霜降り明星(粗品 せいや)
主題歌: 「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado (ユニバーサル ミュージック)
劇中歌 楽曲提供: 中田ヤスタカ Mrs. GREEN APPLE Vaundy FAKE TYPE. 澤野弘之 折坂悠太 秦 基博
配給: 東映
ストーリー: 世界で最も愛されている歌手、ウタ。

素性を隠したまま発信するその歌声は”別次元”と評されていた。
そんな彼女が初めて公の前に姿を現すライブが開催される。
色めき立つ海賊たち、目を光らせる海軍、
そして何も知らずにただ彼女の歌声を楽しみにきた
ルフィ率いる麦わらの一味、
ありとあらゆるウタファンが会場を埋め尽くす中、
今まさに全世界待望の歌声が響き渡ろうとしていた。

物語は、彼女が”シャンクスの娘”という衝撃の事実から動き出すー。

「世界を歌で幸せにしたい」とただ願い、ステージに立つウタ。
ウタの過去を知る謎の人物・ゴードン、そして垣間見えるシャンクスの影。
音楽の島・エレジアで再会したルフィとウタの出会いは12年前のフーシャ村へと遡る。

(c)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会