ONE PIECE.com

ONE PIECE.com

OFFICIAL SNS

ニュース

【JF2022】『ONE PIECE』スーパーステージレポート&ステージ終わりのキャスト直撃インタビュー公開!!

ワノ国 鬼ヶ島決戦の一幕や泣ける名台詞を生アフレコ! さらに劇場版の新情報も飛び出した、スーパーステージ!

36ec8194423b93294982c314b056c6b1

2021年12月19日(日)に開催された「ジャンプフェスタ2022」の『ONE PIECE』スーパーステージ! 今回、ステージの内容を写真と合わせてご紹介します! さらにONE PIECE.com限定で、ステージ後に行った麦わらの一味キャストのインタビューを掲載! ステージをすでに観た方もぜひチェックしてください!

●冒頭から胸アツのSP映像とミニ原画ライブ!

スーパーステージの始まりを告げたのは、なんと「ウィーアー! 1000話SPバージョン」!
アニメ1000話放送時に話題となったスペシャル映像がスクリーンに流れると、満を持して麦わらの一味キャストがワノ国衣装風の着物を着て登場!

そしてまだ映像化されていない、ワノ国 鬼ヶ島決戦の一幕を生アフレコする「ミニ原画ライブ」。スクリーンに映し出された原作カットと、キャスト陣の臨場感ある生のアフレコもあいまって、スタートから会場のボルテージはMAX! 戦場で鬼気迫るバトルに臨む麦わらの一味の姿にお客様もかたずをのんで見守っていました。

●会場からも涙ぐむ声が…! 珠玉の「名台詞」をアフレコ!

コミックス100巻&原作・アニメ1000話記念と題し、『ONE PIECE』アニメスタッフ陣が選ぶ『泣ける名台詞』ガシャポンのコーナーを実施! 中に名台詞のメモが入ったガシャポンを回して、出てきた台詞をその場でキャスト陣が生アフレコするという企画です。

アニメスタッフ陣が選んだ台詞は、どれも『ONE PIECE』屈指の名台詞ばかり! アフレコ中は客席からすすり泣くような声も聞こえ、終わった後の盛大な拍手からお客様の感動が伝わってきました。さらに当時のアフレコ現場での思い出や麦わらの一味キャスト同士による貴重なトークも! 頂上戦争でエースが亡くなり、怒り悲しむルフィに向けたジンベエの名台詞の生アフレコをした後は、「収録の日、スタジオ内に緊張感と悲しみに包まれていた」と、ジンベエ役の宝亀さんとルフィ役の田中さんが当時の様子を話していました。

●フィナーレは、本邦初公開! 麦わらの一味10人による“あの歌”!

ステージのラスト、そのまま終わらないのが『ONE PIECE』!
宝亀さんが加わってからは初となる、麦わらの一味キャスト全員による「Family」が最後にお披露目されました。曲に合わせてお客様も手拍子を打ったり、麦わらの一味キャストへ手を振って一緒に楽しんでいました。

そのほかにも、劇場版『ONE PIECE FILM RED』の麦わらの一味衣裳公開、実写ドラマ版『ONE PIECE』のキャストコメント動画公開、「第3回 ONE PIECEナレッジキング決定戦」の表彰式、さらには尾田栄一郎先生からのコメントが田中真弓さんによって読み上げられるなど、最後まで盛りだくさんのステージでした!

ステージを観たくなった方は、現在ONE PIECE公式YouTubeチャンネルでアーカイブを期間限定で配信中なので、ぜひ観てくださいね!

※配信は2022年3月21日(月・祝)まで

終演後の麦わらの一味キャストに直撃インタビュー!

今回のステージに出演されたキャスト9名にステージが終わった直後に、お話を伺ってきました!(衣裳にもご注目!)

質問① 今回のスーパーステージの感想を教えてください。
質問② 『ONE PIECE』25周年、劇場版公開を控える2022年への意気込みを教えてください。

田中真弓さん(モンキー・D・ルフィ役)

①嬉しかったです! 前回は配信だけだったので、客席からの反応がないまま喋るのは、やっぱり寂しかったんですよ。なので、今日は本当にお客様の顔を見ただけで、感激しました。

②今まで100巻、1000話と色々ありましたけど、2022年はまた映画もあるし、実写のドラマもあるし、2021年以上に盛り上がると思います。それで願わくば、コロナがもう少し落ち着いてくれれば、リアルで盛り上がれると思いますし、ワクワクしています! 2022年を楽しみにしています。

中井和哉さん(ロロノア・ゾロ役)

①一人ずつ挨拶をしている時に、宝亀さんの自己紹介で観客の皆さんの拍手がひときわ大きかったのが、もう本当に「そうだよねー!!」と共感しかなかったです! 宝亀さんご自身も「待っていた」とおっしゃっていましたが、皆さんも待っていたんだよなと強く感じて…。それがとっても嬉しかったですね。でも、できることなら宝亀さんにお客様の「ワー!」という歓声を聞いてもらいたかったなあと思いました(※飛沫防止対策としてお客様にはステージ開演中の声援は控えていただいたため)。

②新しく仲間になった宝亀さんの強い想い、エネルギーが(アニメ放送)22年目の今、『ONE PIECE』に加わるんだと思うと、大きいことだなと思います。宝亀さんご自身も一味に加われることが幸運という風におっしゃいましたけど、僕はその幸運を20年以上も享受しているわけで、何て幸せな場にいるんだろうと思いを新たにしました。もちろん今までボンヤリやってきたつもりはないんですけど、さらに気合が入りましたし、良い感じで2022年に向かっていけるぜ! と感じました。

岡村明美さん(ナミ役)

①舞台に立って、お客様がいらっしゃる光景を見た瞬間、泣きそうになってしまいました。最初の挨拶でも言葉につまってしまいましたけど、ずっと望んでいた光景を見ることが出来て嬉しかったです! お客様も声を出さずに、拍手などで参加してくださって感謝の気持ちでいっぱいです。

②2021年に迎えたアニメ1000話では、一味の幼少期のシーンや1話で海賊A役だった神谷浩史くんが再び海賊A役を演じていたり、冒頭のロジャーのセリフが大塚周夫さんのお声だったりと、本当にたくさんの愛がちりばめられていて、素敵な番組に1話から1000話まで出られた喜びを感じました。
意気込みではないのですが、劇場版は前回の『STAMPEDE』から久々なので、演者としても本当に楽しみです! そしてまた2022年もジャンプフェスタで皆さんにお会いできる機会があれば嬉しいです。

山口勝平さん(ウソップ役)

①皆さんが喜んでくれているのが、マスク越しでも伝わってきたのが嬉しかったですね。『ONE PIECE』という作品が僕達をつないでいてくれていて、本日こうして会場で会えて、みんなが笑顔になるっていうのは、すごいことだなあと。お客様がいるステージは2年ぶりでしたがその間も、待っていてくれたんだと思うと感慨深いです。

②2022年はますます盛り上がりを見せるのではないかと思っています。コミックス100巻、原作・アニメ1000話は大変話題になりましたけど、『ONE PIECE』にとっては通過点なんだなと思うとすごいですよね。もちろん1000話も続けられるということは本当にありがたいことで、『ONE PIECE』ファンの皆さんの応援のおかげです。これからまた新たな冒険が始まると思うので、一緒に盛り上げていきたいと思います。

平田広明さん(サンジ役)

①以前のように声はあげられないし騒ぐことはできませんでしたけど、マスク越しでもお客様の笑顔を見ながらステージが開催できたのは最高でしたね。早く元の日常に戻って、席がないスタンディングの状態でできるようになるといいなと思います。

②2022年はワノ国編の展開も楽しみですけれど、やっぱり大きいのは久々の劇場版ですよね。きっとお客様もとても期待されているんじゃないかと思います。おだっちが監修した映画は、いつもすごいパワーがもらえますから、僕もとても楽しみにしています。…でもまあ、サンジはきっと、また女湯をのぞいたりなんかしているんでしょ?

大谷育江さん(トニートニー・チョッパー役)

①目の前でお客様の感動している顔や、楽しんでらっしゃる様子を見ることができて感動しました。コール&レスポンスはできずとも、やっぱり人が近くにいるって、エネルギーの交換ができますね。私たちも待っていたけれど、皆さんも待っててくれたんだなと感じられる幸せな時間でした。配信で見てくださったたくさんの皆さんとも場所を超えて繋がれました! これも新しい形のコミュニケーションですね。皆さんと同じ時間を共有できたことが何より嬉しかったです。

②2022年はまたすごい「お祭り」を控えていてワクワクです。舞台挨拶などまた皆さんにお会いできる機会があればいいですね。そして『ONE PIECE』の担当さん達って本当にいろんな事を思いつかれるので、25周年にはどんな仕掛けを考えていらっしゃるのか1ファンとしても期待しています。どんな形になるにせよ、楽しむ準備はできています!!

山口由里子さん(ニコ・ロビン役)

①ステージでお客様のお顔が見えた時に、予期せずうるっとしてしまいました! 皆さんのお顔が見えた瞬間に本当に嬉しくて…。そしてジンベエが入ってみんなでステージができたことが何より嬉しいです。今回会場ではお客様のお顔が見えましたけど、ぜひ配信で観てくださった方(これからアーカイブで観られる方)にも一味キャストの嬉しさ、楽しさがどれだけ伝わったか聞いてみたいですね。2022年はぜひ、以前のようにたくさんのお客様と会場で会えるようになればいいなと願っています。

②ロビンにとっては一対一の対決となる、ブラックマリア戦に注目ですね。ブラックマリアと対峙することになったきっかけもですけど、〝ロビンはここにいていいんだな〟と再確認したシーンでもあるので、尾田先生が思っている以上に演じたいと気合が入っています(笑)。そして劇場版もますますかっこよく演じたいと思っています。がっかりさせませんよ!

矢尾一樹さん(フランキー役)

①皆さんも声を出したいのに我慢しているように見えて、少しせつない気持ちになりましたが、このステージを楽しんでくださったのなら幸いです。一人一人が気を付けて頑張れば、絶対にまた楽しい時間を一緒に共有できると思うので、みんなで力を合わせて頑張りましょう! そういう日が一日でも早く来るように願っています。

②麦わらの一味がルフィを信じ、みんなで一緒に力を合わせて敵と戦う姿というのは楽しさもあり、また一番パワーをもらえると思います。2022年の劇場版や、今後のTVアニメでもそういうシーンはあると思いますので、皆さんが『ONE PIECE』を見て、楽しく元気になっていただけたら嬉しいです。

宝亀克寿さん(ジンベエ役)

①『ONE PIECE』ファンの皆さんの前での初パフォーマンスは、2011年のユニバーサル・スタジオ・ジャパンのショーでしたが、当時とても感動したのを覚えています。それからずいぶん時間が経って、ようやっと今日一味キャストのみんなと一緒に、ファンの皆さんの前に立つことができて、感無量でした。まるで成人した時のような真新しい気持ちです。アニメ1000話もそうですが、こんな貴重な体験をできるのはとても嬉しいことで、『ONE PIECE』に関係しているすべての人に感謝しかないですし、こうやって自分がこの場にいられることが幸せです。僕も「Family」になったんだと強く感じました。

②今日お客様の前に立てたことも含め、僕の中ではすべてが始まりはじめたんだと感じています。神様から「とにかく頑張りなさい、行きつくところまで。死んでも頑張りなさい」と言われているような。若い役者さんもいっぱいいるけれど、自分の残された人生や今までのいろんなことを思うと、体調を整えながらできる限りの力を発揮して、さらに頑張らなきゃと思います。舞台に立って、しっかり声が出せる状態にしようと…もうアスリートの精神です! 「声を出すなら誰にも負けないぞ!」と、モチベーションを高く持ち続けたいですね。

『ONE PIECE』ジャンプスーパーステージ 期間限定アーカイブ配信

配信期間: 配信中~2022年3月21日(月・祝)まで
配信はこちら: https://youtu.be/v1RJ7mvZQzg
★動画のラストには、ジャンプフェスタ2022の最後を飾ったスペシャルプログラム「ONE PIECE ワノ国鬼ヶ島絵巻」もあるので、こちらもぜひお見逃しなく!