ONE PIECE.com

ONE PIECE.com

OFFICIAL SNS

ニュース

約10年ぶりに「白ひげ海賊団」がアニメに登場!光月おでんが出会う白ひげとは…!?伝説の男達の過去がアニメで描かれる!!【ワノ国編 第三幕】

2021/02/20

テレビアニメ

アニメ『ONE PIECE』ワノ国編 第三幕が放送中!

1c9d5afad208c7aeffe1b94399b8e6a9

現在、アニメではワノ国編第三幕が放送中! 光月おでんやワノ国の過去がついに明らかとなります。そんななか、先日放送された第962話のラストでは、ワノ国に「白ひげ海賊団」が漂着!!  今回、マリンフォード頂上戦争の終結から数えると約10年ぶりのアニメ登場となる彼らについて特集します!

この特集をチェックしておけば、注目の次回、第963話「おでんの決意!白ひげの試練!」(※)はもちろん、アニメ「ワノ国編」をより楽しめること間違いなしです!

※第963話の放送は2021年2月21日(日)朝9:30~予定。地域によって放送日時が変わります。

「世界最強」と名を馳せた、船長白ひげ! 

通称「白ひげ」で知られる男の名は、エドワード・ニューゲート。かつて海賊王ゴール・D・ロジャーと唯一互角に戦った伝説の男です。
場所を問わず振動を起こして絶大な破壊力を生み出す「グラグラの実」の能力と、圧倒的な戦闘力に敵う者はおらず、生前はカイドウ、シャンクス、ビッグ・マムとともに四皇の一人として名を連ねていました。懸賞金額はロジャーに次ぎ、歴代2位の50億4600万ベリーで、その強さを全世界に知らしめていました(原作第957話/アニメ第958話時点)。

「怪物」「世界最強」と謳われた男も頂上戦争時は70歳を超えた老人。生前は病や老いの影響からか、普段は体にたくさんの点滴を打ち、「大海賊」の名からかけ離れた姿も見せていましたが、過去回想でワノ国に到着した白ひげは40代前半。

トレードマークの大きな白いひげはこの頃もありますが、髪の毛は金色の長髪! 若かりし頃の白ひげはどんな男だったのか…それは、ぜひアニメを観て、お確かめください!

一人ひとりが超ド級! 固い絆で結ばれた「白ひげ海賊団」

「白ひげ海賊団」は、船長白ひげを筆頭に、約1600名の船員が乗った大組織。その中で16の部隊にチーム編成されており、隊長クラスになれば、海軍トップクラスの軍人や王下七武海の海賊とも互角に渡り合えるほどの実力を持っています。

白ひげと船員達は互いを「息子」「オヤジ」と呼び合い、強い絆で結ばれていました。そのため、大事な息子エースが海軍に囚われ処刑されそうになった際、彼を奪還するべく、傘下の海賊団を含む総戦力で海軍本部のある島「マリンフォード」へと乗り込みました。海軍、海賊、そして王下七武海が集結したその場は、一気に戦いの場へ。そして大戦のさなか、残念ながら白ひげは命を落としてしまいます。

ハンパじゃない強さ!「白ひげ海賊団」の隊長達

「白ひげ海賊団」の隊長達は高い戦闘力で名の知れた海賊ばかり!

「白ひげ海賊団」1番隊の隊長であり、悪魔の実の能力でいかなる攻撃を受けても〝不死鳥〟のように炎と共に再生する男・マルコ。彼はかマリンフォード頂上戦争で大いにその力を奮い、当時の海軍本部大将が一人・黄猿の攻撃も止めた強者です。「白ひげ海賊団」の中では頼れる隊長という顔のほか、船医者という顔もあったマルコ。大戦で白ひげが亡くなった後は、とある村で医者として暮らしています。

そんな男も過去回想では、まだ見習い船員! あごヒゲもなく、あどけない笑顔も印象的なマルコにも注目してみてください。

さらにマリンフォード頂上戦争時、海軍本部大将・青キジと渡り合った3番隊隊長の〝ダイヤモンド・ジョズ〟や、剣豪ミホークと刃を交わした5番隊隊長の〝花剣のビスタ〟、そしてエースなど、先述したとおりの実力者達が白ひげの元に集っています。

過去回想には、マルコ以外にも「白ひげ海賊団」の隊長達や、傘下の海賊達が登場! ぜひアニメで探してみてください!

「白ひげ海賊団」の船におでんが乗船!? その行方はアニメ第963話で!

ひょんなことからワノ国に漂着してしまった「白ひげ海賊団」。それを知った光月おでんが、彼らを逃すはずもなく…。次回放送のアニメ第963話では、白ひげとおでんのバトルも勃発!? 今後どんな展開になるか、お見逃しなく!

★前回 のアニメ第962話「動く運命 漂着!白ひげ海賊団!」をもう一度観たい方、観逃してしまった方は、ぜひ下記から観てみてください。

「FOD」期間限定見逃し無料配信中!【2021年2月21日(日)朝9:30まで】
https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5645/5645810132/

(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション