ウソップの、これはホントだ!


        

「3月19日(日)開催!『ONE PIECE』のランニングイベント「ONE PIECE RUN in沖縄2017」に今年もやってきたぞ!」の巻

2017/03/29

今回の「ウソップの、これはホントだ!」は、今年もやって来ました「ONE PIECE RUN in沖縄2017」!当日はあいにくの雨模様でしたが、と~っても盛り上がりましたよ!!
ではでは、写真とともに当日の様子をどうぞ!

今年も会場は沖縄本島中南部にある北谷公園陸上競技場!
雨でしたけど、多くの『ONE PIECE』ファンが集まってくれました。

昨年、存在感抜群だったサウザンド・サニー号は、今年もありましたよ。

ナミさんの天候棒から出されるシャボンをイメージした「ナミのバブルIsland!」で、真弓さんと大はしゃぎ(笑)。2人とも泡まみれになりました。

最後のアトラクション「決戦!海軍基地」では、ウォーターガンを使って海兵とバトル。しかし、我々に渡された水鉄砲……安いやつやん(笑)!!海軍の圧倒的水鉄砲力に対して、集英社の『ONE PIECE』歴代担当の方々と協力するも、あえなくびしょ濡れに…。

泡まみれになったり、びしょ濡れになったりしながらも最後は笑顔でゴーール!
今年は全コース走りきり、実力で完走賞のオリジナルピンバッジと、完走証明書をゲットしました。

昨年の宣言通りみんなと一緒に走れて楽しかったー!!

ONE PIECE.com特別版!!

ワンピースオフィシャルメールマガジン『グランドライン通信』では、3月19日(日)に開催された「ONE PIECE RUN in沖縄2017」のコースを紹介しました! 特別版では、アトラクションやアフターパーティーの感想を勝平さんに聞いちゃいましたよ!

――今年で2度目の開催でしたが、「ONE PIECE RUN in沖縄2017」に参加されていかがでしたか?

勝平:今年は、わしも走れたので昨年より「参加した!」っていう気持ちが強いですね。ただ、写真撮るために最初、(田中)真弓さんと3㎞の地点まで走って、その後スターターやるから戻ったんだよね。で、またスタートから走り始めて、途中で、わし何で8.5㎞も走ってるんだろうって我に返りました(笑)。でも、率直に楽しかったです!

――ファンの方々との交流はいかがでしたか?

勝平:普段は舞台の上などでの交流なので、どうしてもファンの方とは距離ができちゃうんですけど、今回はファンの方と直接触れ合える貴重な機会でした!
「頑張ってね」って声かけたり、みんなで写真撮ったりとか、一人だと辛い5.5㎞もみんなと走ると苦にならない。そういうの含めてランニングイベントなんだよね。今回、一緒に走ってみて、ランニングイベントの楽しさを実感できました。

――今年のアトラクションはいかがでしたか?

勝平:昨年はキャラクターパネルがあって写真を撮れるポイントが多かったのに比べて、今年は体験型のアトラクションが増えましたよね。昨年ももちろんおもしろかったんだけど、今年は何て言うんだろう……やりすぎ?(笑)
海兵とウォーターバトルする「決戦!海軍基地」とか、泡まみれになる「ナミのバブルIsland!」とか全体的にアトラクションのやりすぎ感がおもしろかったです。

――「決戦!海軍基地」では、相当やられてましたね。

勝平:本当、海兵腹立つわ~(笑)。
もし、来年もイベントがあって、あのアトラクションをやるのなら水鉄砲の持ち込み可にして欲しい。海兵に対して、我々の水鉄砲の威力ときたら…! まぁ、圧倒的権力の前に立ち向かうっていう『ONE PIECE』の世界観を味わえましたけどね(笑)。
このイベントをどう盛り上げようかっていう、スタッフさんの意気込みを感じました。

――アフターパーティーはいかがでしたか?

勝平:まさかのきただに(ひろし)さんと、『ウィーキャン!』を歌わせてもらえるなんて!光栄でした!! めちゃくちゃ緊張したけど、楽しかったです。
そして、大槻マキさんやD-51、i☆Risのステージもかっこよかった~! 個人的にも好きな歌ばかりで幸せでした!

――最後にひとことお願いします!

勝平:また、来年北谷で会いたいね! 来年も走りますよ!!
細かいこととか、難しいこととかは抜きにして『ONE PIECE』ってキーワードで、みんなが笑顔になれるイベントって素晴らしいと思うんですよ。だから、ぜひとも恒例行事になればうれしいな!

山口勝平さんに応援メッセージを送ろう!みんなからの激励や要望を大募集!!

応援メッセージを送る