ウソップの、これはホントだ!


        

「『ワンピース』冬SPの監督・宇田鋼之介さん登場!」の巻

2015/12/16

勝平:『ワンピース』初の冬スペシャル『ワンピース~アドベンチャー オブ ネブランディア~』が、2015年12月19日(土)に放送決定! しかも、監督は、TVシリーズ初代ディレクターを務めた宇田鋼之介さんです! 久しぶりの『ワンピース』の感想や、今回の冬SPの制作秘話なども全部聞いちゃうぞ☆
よろしくお願いします!

宇田:よろしくお願いします。

勝平:それにしてもお久しぶりです。何年ぶりですかね? 最後に担当されたオリジナルストーリーはなんでしたっけ?

宇田:お久しぶりです。オリジナルストーリーは、2005年の『ワンピース時代劇』が最後でしたね。

勝平:ルフィ親分!! 大好きです(笑)。2005年ということは…10年ぶり!?

宇田:TVシリーズだと、エニエス・ロビー編のCP9が顔を出すあたりのストーリーまで参加してましたが、それでも10年近く『ワンピース』からは離れていましたね。

勝平:10年ぶりの『ワンピース』参戦、どうでしたか? 何か苦労した点はありますか?

宇田:そうですね…当時なじんでいたとはいえ、やはり10年ぶりに参加する作品のリズムに戻すのは多少苦労しました。しかも、2年後の成長したルフィたちなので、戸惑いもありました。とくにフランキーは2年前と変わりすぎ(笑)。私が担当していた当時は、船もまだメリー号でしたし、ルフィとウソップがメリー号をめぐってケンカしたエピソードもすごく印象に残っています。

勝平:そういえばそうでした(笑)! 懐かしいー☆ 

宇田:なので、ルフィたちの変化を意識したうえで、シリーズ初期の面白さも出したいと思いました。“古き良き時代”ではないけど、イーストブルー時代の面白さを、最近から『ワンピース』を観始めてくれたファンの皆様にも知ってもらいたいですね。

勝平:なるほど。題材としてフォクシー海賊団を選んだのも、そういう理由からですか?
最初にプロデューサーさんから、「今回の冬SPは“復活のF”ですから!」とドヤ顔で言われたんだけど、フォクシーとは思いもしませんでした(笑)。どうしてフォクシーだったんですか?

宇田:懐かしくて、かつ動かしやすいキャラで作りたいと思っていて、最初はバギーかフォクシーで悩みました。ただ、バギーさんは新世界で色々と忙しいみたいだからスケジュールが合わなかったんです(笑)。

勝平:あ~(笑)。原作でバギーの話ちょっと出てきたけど、具体的にどうしているかわからないですもんね。

宇田:後々出てくる可能性のあるキャラクターだから、オリジナルストーリーで出しちゃうとつじつまが合わなくなるかもしれないのでフォクシーにしました。

勝平:それでオヤビンになったわけですね。しかも何千人もの仲間を引き連れる大海賊団にパワーアップしていて「オヤビンカッコイイな!」って思いました(笑)。今回の注目の新キャラも、オヤビンの新しい仲間として登場しますよね。

宇田:はい。新キャラは、作戦参謀のコーメイ、職人のドウジャク、狙撃手のカンショウの3人です。コーメイの謀略と、ドウジャクとカンショウの特技によって、麦わらの一味が追いつめられます。

コーメイ

ドウジャク

カンショウ

勝平:コーメイは今までにない頭脳派ですよね。まさに名前の通り、常に何十手も先まで読んでいる感じが『ワンピース』の世界ではめずらしい気がします。始めから悪魔の実の能力者の能力を封じる島でルフィと対決するつもりで、まず能力者じゃないゾロとサンジの戦闘力を封じたのには恐れいりました! しかも一味の弱点をことごとく研究し対策を立てて、実に効率的に一味を追い詰めていきましたね!!

宇田:当初のシナリオでは、コーメイの戦い方については決まっていませんでした。作っていくうちに、彼が勝手に動き出して今の形になりました。コーメイは悪魔の実の能力者ではないし、戦闘力も決して高くはない、なのにルフィと対決して攻撃を食らったのはたったの一発だけ。その辺りも含めて緊張感たっぷりの戦いになっていると思うので、ぜひ注目して欲しいですね!

勝平:たしかに、アフレコしてて「うわっ、コレ絶体絶命じゃん」って何度も思いました。ほかに注目して欲しいシーンや、お気に入りのシーンはありますか?

宇田:シーンではないけど、渾身の力で描いたキレイな海を見て欲しいですね。

勝平:CGじゃないんですか?

宇田:なるべくCGは使わないようにしました。あと、最後のみんなでワイワイやりながら終わるところが麦わらの一味らしくて個人的に好きです。

勝平:『デッドエンドの冒険』と『カラクリ城のメカ巨兵』も同じような終わり方ですよね。アドリブが楽しかったです。ほぼチョーさんに頑張ってもらいました(笑)。

宇田:(笑)。ほかは…見せ場として、セクシーフォクシー号の変形シーンも注目して欲しいです。

勝平:あ~あそこ、アフレコの時はちょっとした休憩タイムになりました(笑)。めっちゃ力入れましたよね!?

宇田:頑張りました(笑)。

勝平:アフレコの時は絵が入っていないシーンもあったので、お話を聞いたら一刻も早く見たくなりました。2015年12月19日(土)放送なので、皆も見逃さないでくれよな!
宇田さん、今日はありがとうございました!

宇田:ありがとうございました!

ONE PIECE.com特別版!!

ワンピースオフィシャルメールマガジン『グランドライン通信』では、冬スペシャル『ワンピース~アドベンチャー オブ ネブランディア~』について、監督の宇田さんにインタビューしました! 特別版では、メルマガに収録できなかったアフレコと衣装デザインなどのお話を、お二人に語っていただきましたよ☆

勝平:TVシリーズ本編では2年間ほど、麦わらの一味が二手に分かれて行動しているので、アフレコで勢揃いしたのは久しぶりです! 「あ~わし、今ナミさんと話しているんだ」と、皆一緒の心地よさをしみじみと感じました。

宇田:私も麦わらの一味のやり取りを聞いていて、『ONE PIECE』に戻ってきた感じがしました(笑)。フォクシー役の島田敏さんも素晴らしい演技でした!

勝平:今回のゲスト声優の方々もすごかったですね!

宇田:すごかったです! とくにコーメイ役の市川猿之助さんは、「本当にアフレコ初めて?」と思うほど素晴らしかったですね。天才策略家役なので長いセリフも多く、ひょっとして一日じゃ終わらないかもと覚悟してたんですけど、かなりスムーズに終わりました。木下さんと音尾さんもキャラに合った個性的な演技でよかったと思います。

勝平:猿之助さんはたしかスーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」の真っ最中でしたよね。

宇田:はい。そうなんです。アフレコ当日も昼の部の公演があったんですよ。こまめに休憩をとられていたとはいえ、よく7時間もスタミナが持つなと思いました。演技も最後までカンペキでした。

勝平:歌舞伎の見得を切るという演技がアニメに通じるのでしょうか。演技の間とかリズムがさすがだなと思いました。猿之助さんは初アフレコなので、若手の声優さんが補助に入るんですけど、最終的にみんな真弓さんにつきっきりになりましたね。キャプテン、ベテランなのに…(笑)

宇田:そこも月日を感じさせないですね(笑)。

勝平:昔から変わっていません。16年経っても子供船長です(笑)。

宇田:TVシリーズが始まった当時は2~3年で終わるのかなと勝手に思っていました(笑)。でも、私が『ONE PIECE』を離れた時点で6年経っていたので、「こりゃ~10年いく長寿番組になるかも」と思ったけど、16年という東映アニメーション作品歴代最長の番組になりましたね。

勝平:歴代最長! すごいぞ『ONE PIECE』!!
そういえば、神谷(浩史)くんが最近のアニメは長くても1年だから、こんなに長く演じる役はローが初めてだと言っていました。神谷くんはパンクハザード編から出ていて3年くらい経つのかな? もうゲストじゃなくてレギュラーだよね(笑)。

宇田:ローはまだまだ出番がありそうなので、記録はこれからも更新されていくでしょうね。

勝平:話は変わりますが、今回の衣装はちょっとレトロでオシャレな感じで、個人的にすごく好きです。どなたのデザインなんですか?

宇田:ありがとうございます。作画の高木さんとデザインの土台を作って、尾田先生にブラッシュアップしていただきました。実は今回、あるキャラの衣装に仕掛けがあるので、ぜひ注目してほしいです。

勝平:宇田さんの一番好きな衣装はどれですか?


宇田:ロビンの赤い水玉ワンピですね。懐かしさを感じさせる所がいいです。

勝平:(悲しそうなフリ)

宇田:…っ!! でも一番好きなキャラクターはウソップですよ!

勝平:気を遣わなくて大丈夫です…(泣)

宇田:本当です(笑)。麦わらの一味の中で、ウソップは能力者じゃないし、サンジやゾロみたいに戦闘に特化しているわけでもなくて、わりと普通の人じゃないですか。なのに、あの一味についていこうとするあの根性がすごいと思います。麦わらの一味の中じゃ一番根性があるのかもしれませんね。

勝平:そう言われるとそうかもしれませんね。よく腹をくくって2年間の修業に耐え切ったと思います。

宇田:そんなウソップも、今じゃ“ゴッド”と呼ばれるほど成長しました。感慨深いです。
昔のカットも入れたから、見比べたら違いが一目瞭然(笑)。

勝平:顔が精悍になってるし、体つきも良くなりましたからね。シャボンディでウソップがナミと再会した時の筋肉のすごさに、わしもびっくりしました(笑)!

宇田:2年後のみんなは頭身がのびていて、慣れるまで大変でした。

勝平:なるほど~。そうなんですね。
…本当はまだまだお話を聞きたいのですが、そろそろ時間ですね。冬SP進行のまっただ中、お時間をいただきありがとうございました!

宇田:こちらこそ。煮詰まっていたので、いい気分転換になりました! どうもありがとうございました!

勝平さん、宇田さんありがとうございました!

『ワンピース~アドベンチャー オブ ネブランディア~』は土曜プレミアで12月19日(土)の放送です! ぜひお楽しみください☆

★おまけ★

宇田監督の作業場に突撃したぞ☆
「絶賛修羅場中~~~」

山口勝平さんに応援メッセージを送ろう!みんなからの激励や要望を大募集!!

応援メッセージを送る