グレッグ先生のSUPER「OP」講座!

先生のOPチェック!

第79回:ワポル物語

2017/04/19

漫画

サーシー

サンジとプリン、〝困ったカップル〟と言い表すのでは物足りないですね。いつかサンジにもきちんと結ばれる相手がいるとしたらどんな人物だろうと思いを馳せた。その結果、ちょっと意外な一人に辿り着いた、歓楽街の女王ステューシー。

思わずみんなの「はっ?」と言う声が聞こえてきそうですねw

えーと、まずストーリーを構成する視点で見れば、今回招待されたVIP客達は多かれ少なかれ今後の流れでルフィ達に何か関わってくるのではないかと推測する。
マムの怒りに巻き込まれてしまった彼らは命の危機にさらされてしまうでしょう。その状況でサンジとルフィがビッグ・マムの大暴れを終息させればVIP客達の救済者になるというわけ!彼ら大物客にとって麦わらの一味はまさしく命の恩人。

今後麦わら達が海での運搬や何か大事なモノを隠す必要がある場合、又はお金の借用が必要になる場合等には、VIPゲスト達の心が真っ黒じゃなければ彼らはルフィ達に恩返しをしてくれるかもしれないよね!そこで、ステューシー!

サンジの理想の女性を見極めるのはなかなか難しいけれどステューシーがサンジにナイスマッチなのではないかと。サンジが彼女を助けたら彼女の気はサンジに向く可能性があるし、歓楽街の女王ならばお酒に強いだろう。ウイスキーピークで女性と楽しく飲んでたサンジにはいいかも!しかもサンジよりステューシーが先に酔っぱらうことはないかもねw。そしていつだって紳士らしくキマッタ洋服を着るサンジと、ゴージャスな日常生活をおくっているステューシーは相性が良さそう!二人が並んで町を歩けば素敵なペアになる!ル・フェルドによるとステューシーは恐らくサンジより年上。

サンジは年上の女性を喜ばせるのが得意そうだぞ!オマケにステューシーの実年齢はまだ分からないけどル・フェルドが何も言わなかったら普通に20代の女性だと思ってた!サンジも彼女のそういったところが好きかな?

冒険の果てで我らのぐるまゆコックを待つのはオールブルーだけでなく、将来のお嫁さんもいるかも知れない!

週刊少年ジャンプ 17号 第860話
週刊少年ジャンプ 20号 第862話

アニメ

ワポル物語

僕が2001年に『ONE PIECE』を読み始めてからオンタイムで初めて楽しんだストーリーはスカイピア編だった。そして、初めてオンタイムで読めた扉絵短編シリーズは「ワポルの雑食バンザイ」だった!アメリカからワポルのドタバタ冒険を日本人のファンと一緒に楽しく読めたおかげか、たくさんの扉絵シリーズの中でもこれが僕にとって特別なエピソード!残念なことに扉絵シリーズは主に原作限定なためバギーとコビーの回以来、なかなかアニメ化されない。だが!しかし!!!アニメの778回でそれが変わった!約15年を遡り、「ワポルの雑食バンザイ」がやっとアニメ化された~~~~!!!

しかもアニメ限定のオリジナルシーンも!いやー、これは初期からやロングタイムファンにとっては嬉しいな!

幻の一冊の漫画

チョッパーの回想シーンは何年も前から紹介したかった『ONE PIECE』の幻のイースターエッグ*を披露する機会になったぞ!

『ONE PIECE』の代表的なイースターエッグパラダイスと言えばやっぱ〝本棚〟。原作の背景に描かれる本棚には数多くの隠れメッセージやイラストがある。イースターエッグを探すには単行本サイズよりも総集編のログシリーズの方がほぼジャンプサイズと一緒なため見つけやすい。全てのイースターエッグをここで紹介するのはちょっと難しいけど、一つだけ、17年間も眠ってたジャンプに関連するイースターエッグを紹介しよう!それは、単行本やログシリーズでは見つけることが不可能な、当時の週刊少年ジャンプでしか見つけることが出来ない幻のイースターエッグだ!**

「週刊少年ジャンプ」2000年29号

『ONE PIECE』16巻

単行本や総集編でカットされた、こちらの僅かなスペースにある本の背表紙には、誰もがみたことのあるマークが!集英社ジャンプコミックスのマークだ!Dr.くれははもしかして単行本派!?wいつか全てのコマを端から端まで見える『ONE PIECE』の完全版が欲しいな!まだ誰にも見つかっていないイースターエッグが待ってるだろう!ところで、同じコマに〝ROMANCE DAWN〟というタイトルの本と〝EIICHIRO ODA〟も隠れてるよ!

*イースターエッグ:隠れメッセージやイメージ
**国内の16巻初版や最近の単行本を調査した結果。印刷所や国際版によってカットされずに載ってる場合もあるかも知れません。

TV ANIME #778
週刊少年ジャンプ 29号(2000年) 第140話
ONE PIECE 16巻(第140話)

EMOTIONオン・ザ・オーシャン

感情が激しいカイドウの部下によると〝最強の生物〟の態度は基本的に日替わりなようだ。ミンゴの敗北に対するカイドウの意外な反応は怒りじゃなくて・・・大泣き上戸!?

しかし、外因によってカイドウの態度が瞬時に怒り上戸へと変わった!

カイドウを四字熟語で表すと〝喜怒哀楽〟がいいじゃないかと思う。日と酒によってカイドウは様々な(激しい)感情を見せてくれるのかな?笑い上戸みてみてぇ!!!

TV ANIME #779

グレッグ・ワーナーさんに応援メッセージを送ろう!みんなからの激励や要望を大募集!!

応援メッセージを送る