ニュース

10月1日(日)秋の1時間スペシャル放送!夏スペシャルで監督を務め、秋のスペシャルでは演出を担当される大塚隆史さんにインタビュー!

2017/09/27

テレビアニメ

秋の1時間スペシャル「哀しき決闘 ルフィVSサンジ」が10月1日(日)放送!
それを記念して、秋スペシャルの演出を担当された大塚隆史さんにインタビューしました!
今だから語れる、夏スペシャルのこだわりについても合わせてどうぞ!

■「ルフィVSサンジ」!演出へのこだわりについて大塚隆史さんに語っていただきました!

――夏スペシャル(エピソードオブ東の海)の作業が終わってみて、改めてどのように思いますか?

周囲の声を聞くと、普段『ONE PIECE』のアニメを見ていない方にも楽しんでいただけたようで良かったです。ただ、一番見て欲しい子どもたちの声を我々が直接聞くことはなかなかないんですよね。だから15年後くらいに「あの夏スペシャル見ました!」って覚えている人がいたら勝ちだと思っています(笑)。

――東の海(イーストブルー)編を2時間半に収めるのはかなり大変だったかと思います。

「事実を説明するだけのダイジェストには絶対ならないように」と思って製作していましたが、その目標は概ね達成できたのではないかと思います。いろんな要素を省く必要はあったのですが、重要なシーンではしっかり間を取ってキャラクター達のセリフが軽く聞こえないようにしました。我ながら、満足できるまとめ方ができたのではと(笑)。

――夏スペシャルに続いて秋の1時間スペシャルの演出を担当することになった経緯と、その時のお気持ちを教えてください。

オファーがあったのは夏スペシャルの絵コンテを描いている最中でした。お話を聞いた時は「面白そう」と思うと同時に、夏スペシャルから続けての製作は「超大変」なことも分かっていました。それでも熱烈にオファーをいただきましたし、自分としてもぜひやりたいと思ったので、製作体制など色々相談させてもらったうえで何とか関わることができました。

――1時間のアニメは、30分放送のアニメを作るのとどのような点が異なりますか?

1時間放送の場合は、話の流れを作るのにある程度余裕ができますね。これは僕個人の考え方ですが、30分放送でも冒頭で伏線を張ったら、その話の中で回収するようにしています。その方が視聴者の方にとっても見応えがあると思うんです。原作のある『ONE PIECE』ではその流れにするのが難しいこともあるんですが、1時間放送の場合は時間的に余裕があるので、その中でいろんな演出・表現ができるようになります。その分しっかりとした全体の構成を考えなければいけません。

――今回の秋スペシャルで、アニメならではの表現やアレンジができた点はありますか?

あります! …が、話すとネタバレになってしまうので詳しくは言えません(笑)。原作とは異なる視点で描かれている箇所があるので、そこに注目して欲しいですね。夏スペシャルと同じく、普段アニメ『ONE PIECE』を見ていない人でも楽しめるような工夫をしています。この他にも仕掛けをたくさん入れてありますので、楽しみにしていて欲しいです。

――夏スペシャルでは「監督」、秋スペシャルでは「演出」を担当されていますが、「監督」と「演出」はどんな違いがありますか?

製作の最終的な責任は監督にあるので、監督という立場だとあまり強烈すぎる無茶はできないですね(笑)。なので、演出の立場の方が思い切った提案や強気な演出に挑戦しやすいところはあります。今回は演出としての立場で参加しているので、深澤監督の意思を尊重しつつ、自分なりのチャレンジをしました。

――今回の秋スペシャルの製作の途中で、予想外の出来事や、方針を変更した事などはありましたか?

色んなハプニングを予想しながら製作するので、完全に予想外のことはなかなか起こりません。ただ、主要スタッフが風邪で寝込んだ時はちょっと焦りました。それと僕は基本的に初志貫徹するタイプで、方針を変更することはあまりないですね。もちろん迷うことは多いです。特に演出としては、時間の都合もあって「どこまで原作通り進めるか」「オリジナリティをどの程度加えるか」はいつも悩みます。ただ大先輩から「最初に考えたものが一番面白いんだ」と教わったこともあって、今回も大きく方針を変えたところはありません。

――ホールケーキアイランド編で好きなキャラは誰ですか?

ペドロは超格好いいですよね!でも「好きなキャラ」となると…キャロットとブリュレが好きです。変わったことをする、面白いキャラが好きなんです。ある程度遊べるキャラなので、アニメでの動かし方を考えていて楽しいんです。多分尾田先生も遊べるキャラが欲しくて登場させたんじゃないかな、と思っています。

――秋の1時間スペシャルで一番見て欲しいシーンを教えてください。

どのシーンも見て欲しいので難しいですが、やはり終盤のシーンでしょうか。話が進むにつれてドンドン盛り上がっていくので、その盛り上がりを最大限楽しむためにもぜひ最初から最後まで続けて見て欲しいですね。終盤のサンジのアクションシーンはアニメ『ONE PIECE』初代キャラクターデザインの小泉昇さんが描いてくださったんですが、そこは特に格好いいので見逃さないでほしいですね!

――秋の1時間スペシャルを楽しみにしているファンの方へ一言お願いします。

原作の持っている世界観を壊さないようにしつつ、色や音、キャラクターの動きなどを付けてさらに面白い『ONE PIECE』にしたつもりです。『ONE PIECE』の大ファンな方でも、普段『ONE PIECE』を見ていない人でも楽しめる演出が満載なので、ぜひリアルタイムでご視聴ください!

大塚さんありがとうございました! 「ルフィVSサンジ」が大注目される秋の1時間スペシャルは10月1日(日)あさ9:00放送開始です。大塚さんに語っていただいた点を、ぜひ意識して観てくださいね! また、大塚さんが監督を務めた『ONE PIECE エピソード オブ東の海(イーストブルー)』のBD&DVDは11月24日(金)発売です。こちらもお忘れなく!

『ONE PIECE』

放送日時: 毎週日曜9:30~
※関東のみ。放送局ごとで時間が異なります。

★2017年10月1日(日)9:00~10:00「哀しき決闘 ルフィVSサンジ」
放送局: フジテレビ系列

(c)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション