TVアニメ

第885話

聖地の闇 謎の巨大な麦わら帽子

放送日
2019/05/19
脚本
田中 仁
演出
上田芳裕
作画監督
久田和也 島貫正弘
美術
吉池隆司

ビビ、しらほしとルフィの思い出話に花を咲かせていたレベッカだったが、思いがけず八宝水軍の統領となったサイと再会する。互いに喜び、話が弾むが割って入った悪ブラックドラム王国の国王ワポルに水を差される。かつてルフィにより倒されたワポルだが、バクバクの能力により新たな国を築き、再び舞い戻ってきたというのだ。ルフィの仲間なのかと尋ねるしらほしに、ビビはワポルは敵だと答える。悪びれずビビの父、コブラをもバカにするワポルだが、かつて部下だったが、サクラ王国国王となったドルトンに止められる。

617c4840f9b6406f2a7c2d0bbd07dee6

ドルトン、くれはとの再会に喜ぶビビ。ワポルをそっちのけにして、ルフィたちと旅をしていた時のことを話し始める。アラバスタへ向かう途中、ナミが病気になり、医者を探して立ち寄ったのが冬島だった。だが、海賊であることを警戒されて国を守るドルトンたちと一触即発の状態になる。しかし、ビビの説得もあって誤解はとけ、くれはの元へ案内された。当時、冬島は圧政に苦しんでいたが、海賊を怖れたワポルは国を逃げだし、ドルトンが国民を守っていたのだが、海賊となったワポルが再び国を支配しようと戻ってくる。

770eda79bf04ef782845006383a3572d

自分の城にヒルルクの海賊旗があるのを見て怒るワポルは旗を吹き飛ばそうと砲撃した。しかし、それをルフィが阻止、逆にワポルを遥か彼方へと吹き飛ばす。この事件をきっかけにルフィと一緒に海賊になって、島を出ることを決意するチョッパー。わざと反対してチョッパーを追い出すかのように送り出したくれはは、その旅立ちをヒルルクの研究していたサクラで祝う。しらほしにチョッパーのことを尋ねたくれはは、何でも治せる医者になりたいと泣いていたチョッパーを思い出し、医者として活躍していることを聞いて喜ぶ。

d5cfd45ca2e1aa23bc80a06e22adc17f

レオにこの会議を最後に国を離れるつもりだと明かすサイ。麦わら大船団としていつでも動けるようにしておくためで、オオロンブス、バルトロメオ、キャベンディッシュたちも動き始めていると話す。そして、この先ドフラミンゴ以上の敵が現れてもいいように、自分たちも強くなることが必要だとレオと誓いあう、一方、海底監獄インぺルダウンでは最下層、危険人物が収容されるレベル6にドフラミンゴが収監されていた。天竜人の秘密を隠すため口封じを差し向けたかと高笑いするドフラミンゴ。一方、マリージョア、城内へ続く階段を上がると、そこには巨大な麦わら帽子があった。これは一体なんなのか?

34cb1ffceb47ec555daa805eb8782ebd