TVアニメ

第668話

決勝開始 英雄ディアマンテ登場

放送日
2014/11/02
脚本
中山智博
演出
えんどうてつや
作画
新垣重文
美術
白石美穂

決勝開始が迫り、各ブロックの勝者たちの入場が始まった。謎の男が成りすました偽者と知らず、ルーシーに声援を送る観客たち。続いてバルトロメオ、バージェス、観客たちから罵声を浴びながらレベッカが入場する。最後に登場したディアマンテは、派手な登場とパフォーマンスで観客たちを煽り、場内のムードを盛り上げた。レベッカを挑発するディアマンテだが、突如、乱入してきたDブロックの敗者たちが試合を無効だと難癖をつけレベッカに襲いかかろうとすると、興業の邪魔をするなと言い放ち、その前に立ちはだかる。

story_img_1

闘牛士さながらマントを操り、男たちを挑発するディアマンテ。男たちは一斉に襲いかかるが、鋼鉄のマントに武器を破壊されてしまう。触れるものすべてをはためかせるヒラヒラの実の『旗人間』だと明かしたディアマンテは、『闘牛グレイプ』で男たちを闘魚の傍に弾き飛ばした。ここでディアマンテは決勝では闘魚も各群れのボスを集め、その中の一匹にメラメラの実を入れた樽をつけたことを明かす。それを手に入れ、最後まで立っていた者が勝者となるのだ。ここに今5人の選手がそろい、開幕を告げるゴングが鳴り響いた。

story_img_2

開始直後は誰もが動かず相手の動向を伺っていたが、最初にバージェスが動き偽ルーシーに仕掛けた。難なくかわした偽ルーシーだが、反撃しようとせず外周を走り始めた。一匹、また一匹と闘魚を見極める偽ルーシー。その狙いがメラメラの実を入れた樽つきの闘魚をおびき寄せるためだと気づき、割って入ったバージェス。闘魚と戦いながら楽しくなってきたと告げるバージェスに、ディアマンテは自分の興業なら当然だと言い返す。自分たちも客を沸かせる道具なのかと皮肉るバージェスに、ディアマンテはただ楽しめと告げる。

story_img_3

荷物用の滑車を使い、外壁塔の入口に到着したルフィたち。ヴィオラは王宮へ行くにはさらに上へ行かねばならず、最高幹部であるピーカに見つかれば、ドフラミンゴの元へ到達できないとルフィを説得しようとする。しかし、ルフィは話も聞かずに正面から突進、『ゴムゴムの銃』で壁を破壊した。ヴィオラも呆れながら、やむなく同行する。着ぐるみを脱ぎ捨て先を進むルフィだが、その姿は電伝虫に映ってしまう。ルフィ侵入の報告を受けたドフラミンゴは、コロシアムのルフィが偽者だと知って激怒する。ドフラミンゴの部下たちを倒し、前へ進むルフィはドフラミンゴの待つ王宮へと突き進む。

story_img_4