TVアニメ

第648話

出撃 伝説のヒーローウソランド

放送日
2014/06/08
脚本
中山智博
演出
えんどうてつや
作画
新垣重文
美術
白石美穂

思わぬことからロビンと共に、伝説のヒーロー、ウソランドとしてトンタッタ族を率いて戦うことになったウソップ。案内された地下通路はグリーンビットからドレスローザへと通じていて、間もなくエアポートへ到着する。すでに離陸を待つばかりのイエローカブ、ピンクビーの昆虫部隊が集結、ウソップたちもリニアフォックスに乗って出撃した。トンタ長であるガンチョはウソップとロビンの元に現れ、一緒に戦ってくれることに礼を言うと、ドフラミンゴとトンタッタ族の因縁は10年どころか、約900年前に遡ると語り始める。

story_img_1

広大なひまわり畑の地下へ案内され、外見からオモチャだと勘違いされたフランキー。そこには片足の兵隊を隊長とする部隊がいて、強大な戦力が加わったと歓迎を受けた。さらに小人たちに混ざってコロシアムの中継に夢中なゾロと再会する。小人たちの話ぶりからウソップが自分たちを巻き込んで嘘をついていると見抜き、自分たちもウソランドの仲間だと名乗ったゾロは、ドフラミンゴの手下に襲われているサニー号に戻る途中だったことを思い出す。そのころ、コロシアムではルフィとチンジャオの一騎打ちが続いていた。

story_img_2

チンジャオの攻撃に反撃するルフィ。激しい技と技のぶつかり合いに決着はつかない。一方、グリーンビットではドフラミンゴに追い詰められたローだが、割って入ったシーザーを利用して逃れることに成功する。サニー号ではアートな姿に変えられたナミがジョーラと戦おうとするが、天候棒(クリマタクト)までも変えられ反撃できない。ブルックも同様で、追いつめられたナミたちにジョーラが迫る。そこへローからの連絡が入り、助けを求めたチョッパーだが、シーザーを引き渡すため急いで来るように言われ、連絡が途絶えてしまう。

story_img_3

一度は逃れたものの、ドフラミンゴの執拗なまでの追跡によって再び追いつめられたロー。その姿を見降ろしながら、ドフラミンゴはシーザーの心臓を渡すように要求すると、ローが同盟を組んだ、頼みの綱であるルフィは二度とコロシアムから出ることはできないと不気味な言葉を吐いた。メラメラの実をエサに各地から名うての猛者を集めたバトルショーこそ、ルフィの命を奪うためにドフラミンゴの仕掛けた恐るべき罠だったのだ。不敵な笑みを浮かべながら、ドフラミンゴはローに同盟は終わりだと無慈悲な最後通告を突き付けるのだった。

story_img_4